トップページ

 

介護福祉士の仕事内容2

介護福祉士の仕事2

社会活動支援

介護福祉士の仕事には、高齢者や障害者などの利用者の一番身近にいる家族との関係や、近隣の住人などとよい対人関係が築けるように支援するという仕事もあります。利用者は、介護を受けるあまり動けない状態になっていますので、近隣とは孤立してしまう傾向があります。介護福祉士は、その仲を取り持つ仲介役としての役割は大変重要だと思います。
家族との人間関係には、もしかしたら確執があったりするなどの、他人には分からないようなこともあるかもしれませんが、その苦労や課題をうまく聞き出し、なるべく、両者の関係がうまくいき、穏やかな生活が送れるように助言しながら、援助することが介護福祉士の大きな役割と思います。また、地域で行われる社会活動の情報を聞いたら、参加を促したりすることで、近隣住民との関係も気付いてあげたりするなどの行動も大切な仕事であり、そのような活動が、利用者にとって励みになったり、生きがいになったりすることもあるのです。

家族への助言

介護福祉士は、高齢者や障害者などの介護をしている家族への助言や介護での困っている場合には相談にのったりする仕事もあります。介護福祉士の仕事は、介護をするのが主な仕事といえますが、家族への介護の指導を行ったり、高齢者や障害者が生きがいを持って自立した生活がおくれるように、後押しすることも目的です。やはりそれを行うには、専門的な知識と技術が必要となってきます。家族からの相談にも適切な助言ができることも要求されますので、幅広い視野をもつことが大切です。

recommend

オメガ高価 買取
http://housekihiroba-kaitori.jp/%e8%85%95%e6%99%82%e8%a8%88%e8%b2%b7%e5%8f%96/%e3%82%aa%e3%83%a1%e3%82%ac

最終更新日:2015/9/18